フィールフォレスト

スタッフブログSTAFF BLOG

こんにちは(^^)

川西市にて、現在建築中の現場の様子をご紹介します。

断熱材『セルロースファイバー』吹込み後の様子です。

屋根面と、外壁面に施工していきます。(1階床下は、フェノバボードを使用しております。)

『セルロースファイバー』とは、新聞紙を主原料とした、断熱性はもちろん、調湿性、吸音・防音性、難燃性、防虫効果に優れたエコ断熱材です。

<詳しい情報はこちら → セルロースファイバーとは?>

 

セルロースファイバー自体の重さで沈下しないよう、それに耐えられるまでの密度を保ちながら均一に吹き込んでいきます。

また、コンセントボックスの裏や筋交いのちょっとした隙間などの細かなところも確かな施工が可能です!

施工性のバラつきを防ぐため、専門の技術者の方々に施工をお願いしております。

 

セルロースファイバー施工後は、石膏ボードを張っていき、塗り壁材で仕上げていきます。

まっしろな塗り壁で仕上げた後は、ガラッと明るく広い空間に感じられるようになりますよ!