フィールフォレスト

無垢の木と自然素材でつくる家

『心身ともにリラックスできて、健康で快適に、安心して暮らすことのできる家』

『手を加えながら、長く住み継ぐことのできる丈夫な家』

シンプルですが、わたしたちフィールフォレストはこれらのことを真剣に追求し【無垢の木と自然素材でつくる家】に行き着きました。

木の持つ優れた性能や特性

癒し効果

森林浴をすると日常のストレスから解放され、とてもリラックスした良い気持ちになります。これは樹木の発生する芳香成分(フィトンチッド)の働きによるものです。フィトンチッドには人間の自律神経を安定させる作用があるといわれ、快適な睡眠をもたらすことも知られています。

消臭・脱臭

森林には動物の死骸や枯れた木があるにもかかわらず、悪臭がしません。これもフィトンチッドの効果によるもので、森林には空気を浄化したり、悪臭を消す働きがあるのです。木の持つこうした働きは、身近な生活臭にも効果的です。

調湿・抗菌・防虫

天然の木は伐採後も呼吸を続けます。湿気が多くなれば水蒸気を吸収し、乾燥すると内部の水分を水蒸気として空気中に放散します。この調湿作用は結露を防ぎ、これによってカビ・ダニ・細菌類の増殖を抑える効果があります。

断熱性能

木は断熱性能に優れた素材です。木の「熱伝導率」はコンクリートの12分の1。コンクリートの床は足元から冷えるのに対し、木の床がほんのり温かく感じるのはこのためです。また暑い夏にもベタつくことなくとても爽やかです。

健康・快適

外気温25℃~26℃の状況で、約10日後木の箱のマウスが90%生存するのに対して金属で半分、コンクリートでは4~5%の生存率だったという実験結果があります。

※宮崎県木材利用技術センター所長 有馬孝禮氏の実験結果を引用

また、木造の校舎と鉄筋コンクリートの校舎で児童の心と体に与える影響を比較した研究データもあります。例えば「眠さとだるさ」「注意集中の困難」といった精神疲労はコンクリートの方が大きく、インフルエンザによる学級閉鎖の割合はコンクリートは木造の3倍以上となっています。