フィールフォレスト

家づくりのコンセプトABOUT HOUSING

私たちフィールフォレストが家づくりにおいて最も重視していること、それは「調湿」「透湿」です。

湿度をコントロールし、水蒸気が行き来することを妨げない、という考え方です。無垢の木や、漆喰などの自然素材でつくる家だからこそ、このことにこだわりを持っています。

高気密

日本では近年、国を挙げて 「高気密」住宅 を推奨し、これが主流となりつつあります。

家をスッポリと気密シートで覆った、ペットボトルのような住宅です。一般的には、省エネルギーのため、断熱性能を高めるためと考えられているようですが、水蒸気を壁の中に入れないため、という目的もあります。

一般的な断熱材(日本で最も多く使われているグラスウールなど)は、湿度をコントロールすることができないため、壁の中に水蒸気が入ってしまうと 「壁体内結露」 が生じてしまいます。断熱性能は落ち、構造材を腐らせて家の寿命も短くなります。

ならば壁の中に水蒸気が入らないように、気密シートを隙間無く張りめぐらそう、という訳です。しかし、完全な気密を求めるにはかなりの施工精度を要します。わずかでも隙間があれば、水蒸気は壁の中に侵入します。

仮に完全な気密が得られたとしましょう。

室内では人の呼吸や汗、煮炊きなどによって大量の水蒸気が発生します。ペットボトルを想像してください。密閉したペットボトルの中で水蒸気が発生したら、すぐに曇ってやがて水滴に変わります。同じように、家でも室内に結露を生じます。

そうならないように、計画換気と称し24時間365日換気扇を回し続けます。「換気扇のスイッチは絶対に切ってはいけない」 のが高気密・高断熱住宅なのです。窓もできるだけ開け閉めしないようにします。

せっかく無垢の木や自然素材を使って家を建てても、これではなにか息が詰まってしまいそうに感じませんか?

調湿・透湿

透湿防水シートというものがあります。外壁の内側に施工します。これを開発したデュポン社によると、1㎠になんと9億個の孔が空いているそうですが、この孔を通ることができるのは水蒸気だけで、空気も水も通りません。水蒸気は10万分の4ミリで、窒素や酸素、水の分子に比べてはるかに小さいのです。

無垢の木や漆喰は 「呼吸する」 といわれますが、空気を吸ったり吐いたりするのではなく、水蒸気を蓄えたり放出したりするのです。これが湿度のコントロール、調湿です。

また温度と湿度は高い方から低い方へ流れる、という性質があります。無垢の木は空気は通しませんが、水蒸気は通します。透湿する、ということです。水蒸気の流れが、ある部分でせき止められ、飽和量を超えると結露を発生させてしまいます。

私たちは、内装材から外壁まで、できるだけ透湿する素材(透湿抵抗の少ない素材)を使用します。壁の中の断熱材、セルロースファイバーも、調湿性・透湿性に優れています。

機械換気に頼らざるを得ない 「高気密」 住宅と 家全体が呼吸(調湿)する住宅。あなたはどちらの家に住みたいですか?

資料請求・お問い合わせ

「まずは資料を見てから」という方はこちらをご覧ください。

フィールフォレストの家づくりに関する資料請求・お問い合わせは、下記の資料請求フォーム、またはお電話、FAXにて承ります。

お気軽にお問い合わせください。