フィールフォレスト

家づくりのコンセプトABOUT HOUSING

「無垢材」と「集成材」

無垢材とは、一本の木から切り出した、張り物ではない材のことです。構造材は「適材適所」の考えから、土台にヒノキ、柱はスギ、梁など横架材にはベイマツを主に使用しますが、すべて乾燥無垢材です。健康への影響が否定できず、歴史も浅い集成材(板を接着剤で貼り合わせた材)は使いません。

床板も、合板に1㎜も無い突き板を張り付けたようなフローリングではなく、アカマツやスギなどの無垢材でつくる家こそが、本物の木の家と言えるのです。

「自然素材」と「新建材」

昔から日本の家は、木・石・土・紙といった具合に、自然素材だけで造られてきました。100年を超えて現存する家も少なくありません。一方、大量生産が容易で安価、品質も均一なことから、主に石油を原料とする化学建材や新建材が一気に普及しました。

しかし、シックハウスの原因となったり、火災時に有毒ガスを発生させるなどの問題も指摘されています。無垢の木や漆喰(しっくい)などの自然素材は、多少の収縮や割れなども起こりますが、体にやさしく、新建材にはない温かみがあり、年月と共に風合い(経年美)を増します。

資料請求・お問い合わせ

「まずは資料を見てから」という方はこちらをご覧ください。

フィールフォレストの家づくりに関する資料請求・お問い合わせは、下記の資料請求フォーム、またはお電話、FAXにて承ります。

お気軽にお問い合わせください。